リゾートバイトの知恵袋

リゾートバイトできつい職種と楽な職種は?全職種を紹介します!【楽したい人必見】

こんにちは!たびねこです!

この「tabineko」というサイトを運営していて、お問い合わせや相談を徐々に受けるようになってきました。

基本的な質問もあるのですが、多くの質問が、

  • この職場の仕事内容をもっと知りたい。
  • どのくらい稼げるか?
  • 人間関係はどうなのか?
  • この職場はきついのか?楽なのか?

特に、4つ目の「この職場はきついのか?楽なのか?」が皆さん気になっているようです。

私も一番気になるかも!

逆に少ない質問が、(ほとんどない)

  • ホテルマンとしてのマナーは身につく?
  • 友達はできるの?
  • 英語の上達はできるの?

これらはリゾートバイトのメリットと言われていますが、皆さんは興味がないようでした。

どの職種が楽か?きついか?をテーマに進めていくね!

どんな職種が楽か?つらいか?の条件をまず知ろう!

まず、「どんな条件での仕事が楽なのか」をお話しします。

楽な仕事の条件は、

  1. 外ではなく室内で働く
  2. 肉体労働ではない
  3. 単純労働ではない
  4. スーツや革靴を着用しない
  5. 忙しくない(当たり前ですが…)
  6. 座って働ける
  7. 人間関係が良好

以上の7点です。

「つらい」部分は「楽」の反対になるので掲載はしません。

それぞれを簡単に説明していきます。

外ではなく室内で働こう

外で働いてると、気温の変化や紫外線があるのできついと感じる事が多かったです。

特に、夏に外で立ちっぱなしの仕事は過酷でした。

帽子などを着用しますが、地面からの反射の紫外線があるので、どうしても紫外線は避けられません。

そして冬には、寒いのが辛いので、外は避けるのをお勧めします。

それに対し、室内は紫外線を浴びることもなく、空調が聞いた環境で快適に働けます。

炎天下の中外で立ちっぱなし、雨の中カッパで仕事はきつかったよ!

肉体労働は避けましょう

リゾートバイトで肉体労働は少数ですが存在します。

特に、ホールスタッフは体力的にきついと体験談に多くあります。

ホールスタッフ
ホールスタッフ
5時間も働けば体がクタクタで、疲労が寝ても取れませんでした。筋肉痛との闘いにもなってしまったので、運動好きの人や、男性向きだと思います。

疲れが溜まってしまっては、休日に遊びに行こうなんて気が起こりませんし、毎日が苦痛です。

なるべく、肉体労働は避けた方が良さそうです。

単純労働は避けましょう

アルバイトだから全部単純作業!と言われるかもしれません。

しかし、職種によって単純作業とそうでないものがあります。

例えば、アトラクションスタッフは同じ説明と同じ動作を一日中続けます。

それに対して、受付の仕事は臨機応変に対応します。

この2つを比べると、圧倒的に受付の方が楽です。

まぁどっちも単調かもしれないけど、種類は違うよね!

スーツや革靴を避けましょう

ホテルでの勤務では基本的にスーツと革靴になりますが、

ほぼ一日中その格好でいないといけないので、かなり疲れます。

特に、革靴を1日中履くのは慣れても嫌です。

わざわざそんな職場で働かなくても、ジャージでランニングシューズで働ける職場を選びましょう。

靴はスニーカーではなくランニングシューズを選びましょう。

ランニングシューズはナイキかニューバランスがおすすめ!私はナイキ派!

忙しい職場は避けましょう

当たりまえの話ですが、忙しい職場より暇な職場の方が楽です。

もちろん暇といっても、いろいろ種類があります。

例えば、プール監視の場合、注意して監視する必要があり、暇といっても自由ではありません。

しかし、一人で受付をすると雑務などはあるかもしれませんが、自由で気楽に仕事をする事ができます。

中には忙しい方が好き!って人もいるけど、結構少数だったりするんだよね!

座って働ける職場を選びましょう

当たり前ですが、立って仕事すると疲れます。

特にリゾートバイトでは、歩けない仕事が多いです。

すると、さらに「きつさ」が増します。

ホテルマンって直立不動で立っているのはすごくキツいです。

私が、ドアマンをやった時に「もうこの仕事は今後やりたくない」と思いました。

理想は基本座っていて、たまに歩く事ができる職種です。

受付して暇になったら掃除とかを理由に動くのが楽だったよ!

人間関係が良好な職場で働こう

これは実際に働いてみないとわかりません。

しかし、私のサイトの体験談を読むことによってある程度は回避する事ができます。(まだあまりありませんが…)

人間関係が悪くなりがちな環境とは、

  • 地元スタッフが多い
  • 年配のスタッフが多い
  • 離職率が高い(派遣会社に聞けばOK!)

と言った感じです。

特に、仲居と職人系は人間関係が良くない事が多く、アミューズメント系は人間関係が良好な場合が多いです。(地元+年配が要因)

少し体験談を載せておきます。

あるホテルで挨拶をしても無視する調理のおばちゃんがいました。挨拶を返さないので、挨拶しなくなると私の部署に「新しい奴が挨拶しない」とクレームを入れられました。
地元の仲居さんがいつも誰かの陰口を言っていて、休憩室は重い空気になったいました。ボス的なキャラの女性がいて、その人にみんな気を遣うけれども裏では陰口を言っているようでした。

しかし、どこも人間関係が悪いかどうかは運なので、どうしても人間関係がいいところで働きたかったら、なるべく短期で働いて人間関係が良さそうなら延長がいいでしょう!

リゾートバイト楽な職種!きつい職種!一覧リスト

リゾートバイトの職種を評価しました

職種別に

  • 時給
  • きつさ
  • 人間関係

を評価してみました。

もちろん、これが全てに当てはまるわけではないですが、参考にしてみて下さい。

おすすめは太字にしといたよ!
職種 時給 きつさ 人間関係
仲居 × ×
フロント
ベル
ホール
裏方
売店
調理
職種 時給 きつさ 人間関係
調理補助
洗い場 ×
事務・予約
アトラクション
チケット販売
ボーリング場
プール監視(外)
プール監視(内)
職種 時給 きつさ 人間関係
スポーツジム
スキーリフト
レンタルスタッフ
温泉スタッフ
ナイトフロント
ナイトワーク 人による

おすすめの職種まとめ

  • 売店
  • 事務・予約
  • チケット販売
  • ボーリング場
  • プール監視(内)
  • スポーツジム
  • レンタルスタッフ
  • 温泉・浴槽スタッフ
  • ナイトフロント

楽なリゾートバイトの職種ランキング

5位 売店

主にレジ業務を行い、たまに掃除や商品整理、品出しを行います。

今まで、売店業務をやっいたスタッフは皆さん「楽」と言っており、私も楽だと感じました。

1人で担当することが多く、人付き合いを気にせずに仕事をすることができます。

ただ、難ありの年配スタッフがいることもあるので注意が必要です。

4位 チケット販売

室内で座ってチケットを売っているので楽なお仕事です。

忙しいのは土日の繁忙期くらいでそれ以外はのんびりと雑用しています。

雑用の内容は、パンフレットにイベント情報を差し込み・清掃などです。

チケットの種類もそれほど多くなく、1人でゲートのチケット販売所を任されることも多いので、気持ちが楽なのも良いポイントです。

3位 ナイトフロント

ナイトフロントは深夜に働くので常に深夜手当がつきます。

その為他の職種より時給が1.25倍です。

ナイトフロントのお仕事は非常に楽で、主に巡回業務をして、それ以外は雑用を行います。

私が深夜、ロビーで仕事(本業)をしているとナイトフロントのスタッフの方と遭遇して、30分ほどソファーに座ってお話ししたことがあります。(ほんとはダメ)

その方は、「楽で快適だから長い間この仕事してる」と言ってました。

2位 ボーリング場

2ヶ所の職場を経験しましたが、どちらもすごく楽でした。

レジ対応とスコアシートの出力がメインで、あとは掃除とレンタルシューズの管理、マシントラブルの対応を行なっていました。

平日はお客さんの数が少なく、暇なことが多いです。

繁忙期になっても仕事は少なく、かなり楽な職種と言えるでしょう。

1位 スポーツジム受付

スポーツジムの受付はプールなどの受付とセットになっている場合が多いです。

フロントの受付が基本業務で、簡単な清掃と他の業務も並行して行います。

ちゃんとした清掃は清掃専門スタッフが行ってくれることが多く、正直あまり仕事がないので、施設の見張り番的な役目になっていました。

きついリゾートバイトの職種ランキング

5位 アトラクションスタッフ

担当するアトラクションによってかなり大変になる場合があります。

例えば、ゴーカートを担当になれば、排気ガスで辛い思いしますし、シートベルトを開け閉めを繰り返すアトラクションだと作業的で少しきつい面があります。

雨が降れば、カッパで水かき。暑くても寒くても外で仕事。

ずぶ濡れで寒い日は本当に過酷でした。夏に炎天下の中、外で一日中紫外線に当たることだってあります。

ただ、救いはスタッフが若い人が多く、人間関係良い職場が多いことです。

4位 清掃スタッフ

仕事が単純作業で若いスタッフからは不満の声が多かったです。

人間関係もあまり良くなく、時給も高くないのが欠点です。

毎日、全部屋を清掃していくのは体力的にきつく、精神的に負担を感じるようです。

年齢層も高く、特に若いスタッフにはお勧めできない職種です。

3位 バイキングスタッフ

常に立ちっぱなしで忙しく動き回るので、体力に自信のない方は避けた方がいいのかもしれません。

基本的に人が足りていない場合が多く、残業が発生して稼げるのですが、疲れる仕事での長時間労働は大変です。

他にも、中抜けがある場合が多いので、それもきついと言われる原因でしょう。

2位 洗い場

立ち仕事な上に前かがみで腰が痛くなる人が多いと聞きます。

さらに、多くの調理人の方に囲まれて仕事をするわけですから、人間関係の面でも厳しいところがあります。

また、洗剤で手が荒れる人もいるのであえてこの職種を選ぶ必要はないのかもしれません。

ちなみに、年配の方や接客業が好きではない人がこの職種を選ぶようです。

1位 仲居

リゾートバイトで最も人気がある職種だと思いますが、かなり高い確率で「人間関係」に問題がある職場に当たります。確率でいうと40%くらいですかね。

派遣やアルバイトの人と仲良くするのは簡単ですが、女将や仲居頭と仲良くやっていくのが大変みたいです。

魅力な点としては、高時給で残業が多く、チップをもらえる場合があるということでしょうか。

人間関係が不安だったら「ホテル鐘山苑」がいいかも!ここは、女将や仲居頭がいないみたいよ!

体験談:ホテル鐘山苑 仲居

最後に私が伝えたい事

私は、楽な職場を最優先で選ぶべきだと思います!

学生の方はこのように思うかもしれません。

  • やりがいのある仕事をしたい!
  • ホテルマンのマナーを身につけたい!
  • 仲居さんとしての振る舞いを身につけたい!

これらはあまり意味がないと思います。

みんなが本当に気になるのは、

  • 楽か?
  • 時給が高いか?
  • 楽しめるか?

の3点です。私も同じです。

しんどい仕事も楽な仕事も時給は変わりませんよ。

自分が幸せになれる職種や求人を選びましょう!

ABOUT ME
たびねこ
たびねこ
リゾバ歴5年の猫。「職場の体験談があったらいいな〜」とか「正しいリゾートバイトの情報を発信したい」と思い、サイトを運営しています。バギオとバンガロールに住んでいた海外大好き勢です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。